ホーム>コラム>長持ちさせる靴の保管方法
コラム

長持ちさせる靴の保管方法

パンプスやブーツサンダルスニーカーなど、は何足持っていても困るものではありません。コーディネートによって「どの靴を履こうかな...?」と悩むのも楽しみの1つです。ステラマッカートニーなどのブランド靴であればより一層長持ちさせたいものですが、皆さまは気をつけていることはありますか?

何も考えずにそのまま保管してしまうと...

靴

しばらく履いていない靴を履こうとしてシューズクロークから取り出すと、「カビが生えている!」という経験はありませんか?お気に入りの靴もカビが生えてしまっては、履くことを断念せざるを得ません。
保管前のお手入れを怠ってしまうと、カビにマークされてしまうのです。たとえ、短時間のお出掛けだからといっても、靴には汗が染みこんでしまっているのです。そのままシューズクロークに入れてしまうと、カビが生えてしまうのも当然です。

一度履いた靴は、保管前にしっかりとお手入れをしてあげましょう。そうすることで、長く履くことができます。

保管のポイント

保管場所

シューズクローク

風通しが悪い場所に保管してしまうと、カビが生えてきやすくなってしまいます。高温多湿の場所を避けて保管するように心掛けることが大切です。

シューズクロークに保管をする場合は、時々空気の入れ替えをしてあげるといいでしょう。

また、直射日光が当たる場所もNGです。日光は、退色や劣化を招く原因になってしまいます。靴にとってベストな場所は、直射日光の当たらない、風通しの良い日陰です。

保管状態

ホコリが付着したまま保管するのも、カビを発生させる原因になってしまいます。ブラッシングをしてホコリを落としましょう。この際、シワになっている部分まで丁寧に落とすようにしてください。また、シューキーパーで形を整えてから保管すると、型崩れを防ぐことができます。木製タイプのものであれば、湿気を吸い取ってくれるので、なお良いです。

靴を長持ちさせる保管方法を押さえておけば、ステラマッカートニーなどのブランド靴を購入した際も長く履くことができます。ルシアークでは、ステラマッカートニーやクリスチャンルブタンなどの正規品通販でお求めいただけますので、ご購入の際はぜひご利用ください。

ジミーチュウの魅力 | レザーバッグのお手入れ | 体型を美しく見せるパーティードレス選び | 靴底の減り方で分かる歩き方の癖 | FENDIを知っておしゃれに取り入れよう | 履きやすい靴を選ぶための知識 | 種類別バッグの組み合わせ方 | 女性必見!ワンピース着回し方法 | 長持ちさせる靴の保管方法 | 補色コーデ術でおしゃれ上級者
ページ上部へ